胃腸の弱い人は「小分け食べ」を

熱源となる栄養素を効率よく吸収するためには、よくかむことに加え、一度にたくさんの量を食べすぎないこともポイント。とくに胃腸が弱い人は、一度に消化できる量が少ないので、食事はなるべく少量ずつとるといいでしょう。たとえば週末だけでも一日3食のところを全体量は同じてよいので、5回くらいに分けてとるようにすれば、胃腸への負担が減り、吸収率も高まります。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ